僕を動かした本「1R男」を10年ぶりに読んで

今も大したことないですけど

10年前の僕はとんでもない底辺で

一般的なアルバイト君よりも低い意識とスキルで仕事をしていました。

そんなヤル気もスキルもない僕に

超絶なヤル気を与えてくれた本

「1R男」

この本はエスグラントという

主に投資用ワンルームマンションを作ったり仕入れては売る会社を作り

当時の不動産業界で最年少で上場を果たした

イケイケどんどんの不動産会社の社長

杉本宏之さんの半生と上場までの物語を綴った本です。

↓まだまだ続きます。↓


杉本さんは

学歴も何もないところから

(太ったいじめられっ子から、学級委員長になったり、チーマーの幹部になったり、父親に刺されたりと色々エピソードが濃い方です)

気合いと根性と愛嬌と気合いで

営業でバリバリ売上を上げて

そのままの勢いで会社を起こして

勢い余って色々やらかしながらも

気合いと勢いと根性と気合いで

株式上場まで持っていった本当に気合いが入った人です。

頭も当然良いのだと思いますが

とにかく兄貴的な存在感でカッコよくて

憧れの男性です。

エスグラントはリーマンショックの煽りで

潰れてしまいましたが

杉本宏之社長はすごい額の借金を抱えながらも復活して

今も不動産屋として活躍しています。

そんな気合い入った状態で走り続けている

杉本社長の本を当時の僕は

その時の素敵な上司のおすすめで読みました。

単純な性格だったのは昔からなので

その本の影響で僕も不動産屋になりたい!と

思い。杉本社長も持っていた宅建の試験を一念発起して受験し、生まれて初めての猛勉強の末に合格することが出来ました。

その後、お世話になった会社から

不動産業界に飛び込むのですが

気合いが足りなくて1年で挫折してしまいました。

杉本社長と同じワンルームマンションの営業だったのですが、マジで死ぬほどきつかったです。悔しいし情けなかったけど、もたなくて辞めました。

その後、今の仕事をやっているのですが

なんか煮え切らない状態がずっと続いてて

自分の弱さというか

ガッーってやれないまま

月日が経ってしまっていて

毎日コツコツは成長していると思うのですが

こういう気合い入った人の本を読むと

すごい焦燥感と無力感にかられます。

でもガッーってやれなくても

コツコツの量とスピードを上げて行こうと

心に決めました。

↓まだもう少し続きます↓


目の前のこと

少し先のこと

もう少し先のこと

計画しながら頭を使って

量もこなして

僕のやり方で素敵な大人になっていきたいと思います。

悠長なこと言ってるなと自分で思うけど

まぁそれも人生だな。てへ

その前職を辞める前に

会社に遊びに来ていた杉本社長と

会わせて頂いて握手してもらう機会があったので「あの時の君か」て言われるくらいの男には最低限ならなきゃな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL