モンテクリスト伯の主人公の顔を誰も覚えてない設定は無理がありすぎる。

モンテ・クリスト伯〜華麗なる復讐〜へのみんなのモヤモヤを語らせてください。

ディーンフジオカさんが

顔面に布袋(ぬのぶくろ)を被せられ水をかけられて苦しそうだったり

白髪だらけの伸びきった汚い髪の毛で辺りをウロウロしたり

過激な演出で話題の

モンテクリスト伯 〜華麗なる復讐〜

毎週楽しく見ています。

とても楽しく見ているのですが

どうしても、その世界観に入れない

視聴者の10人中10人が感じている

違和感。

いや違和感て次元じゃないですね。

もう無理すぎる設定と言い切れてしまいますね。

その

心にしまっても しまっても
何度でも出てきてしまうその違和感の正体は

タイトルの通りなんですが

山本美月さん演じる

南条すみれ も

関ジャニ∞の大倉君が演じる

南条幸夫 も

新井浩文さん演じる

神楽清 も

モンテクリスト新海(ディーンフジオカ)が

紫門暖だった時代を知っている人たちが

↓紫門暖の頃のディーンフジオカさん

誰もモンテクリスト新海と名乗ってるだけの

紫門暖に気がつかない。

顔を覚えていない。。

顔がまったく一緒なのに

完全に同じ人なのに何故?

最初 大倉君と新井浩文さんが

防波堤でクルーザーから降りてくる

モンテクリスト新海になった紫門暖に

初めて会うシーン

気まずくて気がつかないふりをしているのかな?

なんて思ったけど

どうやら違うみたいで。

しかも結婚式まであげかけていた

かつての恋人のすみれ(山本美月)

さえ 新海に謎の好印象を抱きつつも

暖だとは気がついてない様子。

たぶん視聴者のみんなが

心にそっとしまい込んだ

この不自然過ぎる設定

(心にしまい込まないと集中して見れないから

仕方なく無理してみんな黙って見てるけど)

フジテレビさん

この無理な設定は

注意書きか何かで説明しないと

みんな凄くモヤモヤしてると思います。

だって南条幸夫と暖は

恋敵であり親友です。

神楽清と暖は

同じ船に乗っていた同僚で

船長の座を奪われた宿敵

すみれに至っては

プロポーズにフラッシュモブまでしてくれて

結婚式の当日に警察に連行されてしまった

最愛の人

3人とも暖と

とても縁もゆかりもある人です。
その人の顔を忘れますか?

私事になりますが

この間10年ぶりくらいに
アウトデラックスに出演していた
小橋賢児さんの顔きちんと覚えていましたし
20年くらい前に一時期ドラマに出てた
俳優さんが新川優愛さんの
「いつまでも白い羽を」ドラマで
酒井美紀さんの夫役で出演していてどっかで見たことあるって気が付きました。

親友や同僚
そして結婚直前の恋人の顔を忘れるってのは
やっぱり無理がありすぎると思います。


なんだかんだ言いましたが

このドラマは

ディーンフジオカさん演じる

モンテクリスト伯が

圧倒的な財力と

圧倒的な頭の良さで

キレッキレの復讐をして行くという(第4話の時点)

安心して復讐劇を楽しめる

という圧倒的な強みがあるので

面白く見ていますが。

暖の事を覚えてないなら

ディーンフジオカさんの人相を変えるとか

暖の時代は違う役者にするとか

その辺ちゃんとした方が良かった気もします。

とはいえ

暖の時代がパッとしない俳優だと

そもそも視聴者がつかないとか

色々問題があって悩んだ末だと思いますが

モヤモヤしてる視聴者の思いを代弁させていただきました。

ブログという場で話したらとてもスッキリしたいので、これからもモンテクリスト伯〜華麗なる復讐〜を楽しく拝見させていただきたいと思います。

それにしても山本美月さんはやっぱり

ぶっちぎりで可愛いです。

あと山口紗弥加さんのジム着のシーンも

とてもエロくて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL